Bing: 機械学習がSEOランキングをよりヒューマンライクに導き続ける

Bing: 機械学習がSEOランキングをよりヒューマンライクに導き続ける

こんにちは。SEOおたく(@seootaku)です。

BingのFrédéric Dubut(@CoperniX)が、機械学習によって人間が検索結果を順位付けるのと同等のことができるようになってきていると述べました。

つまり機械学習を利用することで検索結果をより人間が仕立てたかのようなものにすることができ、Bingの検索結果画面も改善され続けているそうです。

Frédéric Dubutは以下のように述べています。

A major goal of our Bing ranking team is to build an algorithm that would rank documents in the same order as humans would as they are following the guidelines. You can only do so at the scale of the web by generalizing your ranking algorithm as much as possible.

It turns out that modern machine learning is very good at generalizing, so you can expect our core ranking algorithm to get closer to that ideal Intelligent Search product view that we hold internally and which we try to capture in our own guidelines.


翻訳

Bingのランキングチームの大きな目標としては、検索結果の順番を人間がガイドラインに沿って並べたものと同様のものになるようなアルゴリズムを開発することです。莫大なスケールを持つWebの世界でそれを可能にするには、ランクアルゴリズムをできる限り一般化することが必要でしょう。

最新の機械学習は一般化が非常に得意であることが判明しています。その結果、検索者は理想の検索プロダクトとして我々のコアアルゴリズムをみなすことができるでしょう。

機械学習によってアルゴリズムが進化していくことはまず間違いないでしょう。

機械学習がこれからも発展し続けると仮定すると、SEO担当者としてやるべきことはユーザーのためになるサイトを作り続けることだけになるでしょう。

現段階で言えば、Google検索品質評価ガイドラインに沿ってサイトの質を高めていくなどが手段として挙げられるでしょう。

つまり、GoogleやBingといった検索エンジンをハックしようとする行動は時間も労力もかかる割に、かつてほど効果が出なくなっていくのではないでしょうか?

ものすごくシンプルにユーザーのためになることはなんだろう?と考え続けることのできるユーザーを主語にしたSEOがこれから必要になっていくことは間違いなさそうです。

サーチエンジンを最適化するのではなく、サーチエクスペリエンスを最適化していけるようにSEO担当者はマインドを変えながら努力していきましょう。