ドメインエイジはSEOに全く関係がない?

ドメインエイジはSEOに全く関係がない?

Googleのランクアルゴリズムの要素にはいくつかの都市伝説的なものが存在します。

 

その中の1つとしてよく耳にするのが「ドメインエイジ」というものです。

 

古くからあるドメインは信頼性が高いので順位が上がると考えられているのでしょうか?

 

しかしながら、Googleは何度も「ドメインエイジは順位と全く関係がない」ことを公に伝えてきています。

 

Googleのジョン・ミュラーは今回もユーザーの「ドメインエイジ」についての疑問について以下のように答えています。

 

「確かに”質”という点よりは実用的なシグナルになりうるかもしれません。私が知っている限りでは、いくつかのTLDsには登録期間の制限や有効期限の発行に制限がかかっていたりもします。(長いこと調べていませんが)」

 

 

以下のリンクからこの議論に関する一連の流れを確認することができます。

 

Twitter

 

ドメインエイジだけではなく、様々なものが非公式にランクシグナルだと考えられています。

 

そうしたシグナルに関しては様々な場所で議論をされていますが、そういった暗黙のシグナルを追い求めるよりも、ユーザーのためになるコンテンツを作ることにリソースを投下した方が生産的かもしれません。

 

確かに、シグナルを見つけてハックすることがSEO担当者としての腕の見せ所でもあります。

 

しかしながら、近頃のSEOではそうしたハックが通用しなくなってきているのも事実です。

 

検索品質評価ガイドラインに則って、定性的ではあるものの、ユーザーのためになるコンテンツを作り続けていくことが最終的にもっとも大きな効果を発揮してくれるのかもしれません。