GoogleはXMLサイトマップのlastmodタグを参考にしている

GoogleはXMLサイトマップのlastmodタグを参考にしている

GoogleはXMLサイトマップ内のchangefreqタグも見ていない?

 

GoogleがXMLサイトマップ内でpriorityタグを無視しているというのは有名な話ですが、changefreqタグも見ていないこともGoogleのジョン・ミュラーは述べたことがあります。

 

 

(English Google Webmaster Central office-hours hangout)

 

しかし、Googleはlastmodタグに関しては気にしているようです。

 

 

このジョンの発言とは裏腹に、Googleのゲイリーがlastmodタグもたいていの場合には無視しているとの内容の発言をしたこともあります。

 

The lastmod tag is optional in sitmaps and in most of the cases it’s ignored by search engines, because webmasters are doing a horrible job keeping it accurate.

→ lastmodタグはサイトマップのオプションとしてありますが、たいていの場合においては検索エンジンはその内容を無視しています。なぜなら、ウェブマスターたちは それらを正確に保つような恐ろしい努力をしているからです。

 

関連記事

リンクとXMLサイトマップによってGoogleはコンテンツを見つけ、インデックスしていく

 

lastmod はページが更新されたことを認識するために使うので、より優先的にクロールされる

 

もしかしたらGoogleは独自のlast modification date(最終修正日)をページごとに算出している可能性はあります。

 

そしてそのlast modification dateをジョンが述べているのであって、実際に私たちが設定したlastmodタグの内容は見ていないのかもしれません。

 

日本でも鈴木謙一さんがウェブマスターフォーラムで以下のように述べています。

 

「lastmod はページが更新されたことを認識するために使うので、より優先的にクロールされます。ページ数が多い大規模サイトで、重要なページを更新したのであれば、lastmod は有効かと思います。」

 

クローラーバジェットが限られている以上、効率的なクロールを行うためにGoogleが様々な工夫をしていることは間違いありません。

 

その工夫の中の1つとして、lastmodタグを見てクロールのタイミングを計算している可能性はあるでしょう。

 

Googleから正式にlastmodタグについて公表されていないため何が正しいのかはわかりませんが、lastmodタグに関しては記載する価値は大いにあるのかもしれません。