Googleマップに店舗をフォローするボタンが追加された

Googleマップに店舗をフォローするボタンが追加された

Googleマップにフォロー機能が追加!

Googleマップの進化が止まりませんね。

 

「場所を案内する」という役割だけでなく、様々なことを地図上で完結させるための努力が見受けられます。

 

今回、新たに登場したのは、「フォローする」機能です。

 

Googleマップ上でお気に入りのレストランやショップをフォローしておくことで、その店舗の特典情報や最新情報を簡単に確認できるようになります。

 

具体的には、フォローした店舗の情報がGoogleマップにある”For You”タブで確認できるようになり、そこに情報が溜まっていく仕組みです。

 

このフォロー機能によって、店舗はFacebookページのように情報を発信し、ダッシュボードで顧客へのリーチ状況などを確認するといったことも可能になります。

 

また、開店前の店舗もGoogle My Businessを通じてGoogleマップに情報の表示ができるようになるようで、新規オープンのショップやレストランにとっては新たなマーケティングの手段の1つとなるでしょう

 

イベントの告知や、リッチな写真を投稿することで見込み顧客の来店を促すことができ、店舗にとっては心強い味方、Facebookにとっては厄介なライバルとなっていくでしょう。

 

・Googleマップで店舗をフォローすると、”For You”タブにその店舗の発信する情報が溜まるようになる

 

Googleマップのフォロー機能はSEOにどのような影響があるのか?

Google MapsはローカルSEOにとってはキーチャネルです。

 

新たに追加されたフォロー機能を介して新たにユーザーエンゲージメントを高めるための方法が生まれたことをサーチマーケターとして見過ごすわけにはいかないでしょう。

 

また前述したように、開店前の店舗もGoogle Mapsに情報を載せることができるようになりました。

 

このことは、新規開店をしようと考えているユーザーにとっては非常に大きなチャンスであり、Google Mapsで検索をしているユーザーに対しての新たなタッチポイントを増やすことができるのです。

 

Google Mapsのプロダクト・マネージャーは以下のように述べています。

 

「街で新たにオープンする店舗について知りたいと思っている方々、Android版Google Mapsでモバイル検索をしていただければそういった店舗のプロフィールを見つけることができます。オープンの日付ががオレンジ色になっているものを探してください」

 

Googleマップのローカルパックが検索結果画面の最上部に表出される回数がここ最近増えたように感じます。

 

そのエリアに情報を載せることができれば、現在SEOで争奪しているエリア以上にCTRが高いはずですので、早期からきちんと対策を考えておく必要があるでしょう。

 

フォローボタンによって多くの店舗がGoogle My Businessを利用するようになることが大いに考えられるので、早めに手を売っておくことで他サイトに大きな差をつけることができるのではないでしょうか。

 

Googleマップへフォローボタンを追加したGoogleの狙いは?

Google Mapsへの莫大な投資と機能追加にはどのような意図があるのでしょうか?

 

今回の「フォロー機能」は、おそらくFacebookへの対抗というのが一番大きなところでしょう。

 

ローカルビジネスの覇権争いがGoogleとFacebookの間でヒートアップしており、先日はFacebookがGoogleに対抗して「おすすめ」機能をリリースしたりしました。

 

 

Googleマップのフォロー機能は、ローカルビジネスの覇権を争うFacebookへの対抗手段

 

また、Googleは今回のアップデートで、さらなる広告収入を増やそうとしていることが考えられます。

 

ホテルのローカルパックや、求人領域における”Google For Jobs”など、新たなプラットフォームを作り、その中にさらに広告掲載できるモデルを生み出すことで収益を上げてきました。

 

今回の例でも、Google Maps(Google My Business)のユーザーを増やしたタイミングで広告枠を売りに行くのではないでしょうか

 

Googleマップのフォロー機能によって、Googleマイビジネスの広告収入を増やそうとしている

 

まとめ

Googleプロダクトの進化は止まることを知りません。

 

我々マーケターとしては、その進化の意図がどこにあるのかを常に考え、来たりうる未来を予測し、先手を打つことが必要です。

 

今回の「フォロー機能」も、まだ日本でのリリースはアナウンスされていませんが、これからどのようにマーケットに受け入れられ、進化していくのか非常に見ものです。