Google「JavaScriptを学べば、SEO担当者の武器になる」

Google「JavaScriptを学べば、SEO担当者の武器になる」

SEO担当者はJavaScriptを学べ!

ジョン・ミュラー(@JohnMu)は、SEO 担当者がJavaScriptを学ぶことに非常に意義があると述べました。

 

これからの数年のうちに、過去20年間では考えられなかったほどの量のJavaScriptを目にする機会があるでしょう。

 

その際にJavaScriptのスキルセットを持っているのと持っていないのでは、SEO担当者として大きな差になってくるでしょう。

 

ジョンはRedditのスレッドで以下のように述べました。

 

「コーディングは誰もが好んで行うタイプのものではないでしょう。SEO に携わる人でも多くの人がコーディングに関する知識を持ち合わせてはいません。だからこそJavaScriptに精通すれば大きな機会が生まれます。」

 

テクニカルSEOの需要は高まるばかり

 

テクニカルSEOの重要性は非常に高まってきています。

 

しかしGoogleがどのようにJavaScriptを取り扱うかなどは激しい論争もあり、非常に複雑な状況なことも事実です。

 

ですので、JavaScriptに対して精通していたとすればそれだけで他のSEO 担当者との差別化をできるのです。

 

ここにまとめた内容は全てGoogleのジョンが述べていることであり、その内容は以下です。

 

次の何年かにおいてはここ20年で見ることのなかった量のJavaScriptに遭遇するでしょう。

 

もしテクニカルSEOにも携わっていくのであれば、過去にHTMLがそうであったように今後はJSを理解する必要があるのです。

 

よりなめらかなサイトを作りたいと思えば静的なHTMLのみでは厳しいです。

 

そして、そういったことを実現可能にするためのJSのフレームワークは至る所に転がっています。

 

多くのSEO担当者が静的HTMLについての理解をしていることとは思います。

 

その大勢のSEO担当者の中で何か差別化をしたいと考えれば、どのようにJSが動き、何がSEOに関与して、何がSEOを阻害するのかを理解しなければいけません。

中にはJSを学ぶべきという意見に懐疑的なSEO 担当者もいるかとは思います。

 

しかし、テクニカルな知識なしではどうしようもないのがSEOの現状です。

 

そんな状況の中で、他のSEO担当者との差別化をするために、JSを学ぶことはおそらく悪い選択肢ではないのではないでしょうか?