Googleの公式ドキュメントになければ、それはSEOのルールではない

Googleの公式ドキュメントになければ、それはSEOのルールではない

Googleはドキュメント化されていないルールはいつでも変更をする

Googleのジョン・ミュラー(@JohnMu)がReddit上でSEO 担当者に向けて以下のようなアドバイスをしました。

 

そのような質問に対する答えは決まっている。それは、ドキュメント化されていない項目に関しては時間とともに変化していくというものだ。

 

“そのような質問”とは、今回の例では301リダイレクトと308リダイレクトをGoogleがどのように取り扱うかといったものでした。

 

たしかに「ドキュメント化されていないものは時間とともに変化していく」という回答は的を得ている気がします。

 

なぜならドキュメント化されていなければ公式にルールを定めていることにはならないからです。

 

しかし、ドキュメント化されている項目に関しても多々変化することがあります。

 

だからこそ、Googleは本当であればドキュメントしたくないのでしょう。

 

公式ドキュメントの変更からGoogleの考えを紐解くことができる

たとえドキュメント化したとしてもGoogleは変更したければ変更をします。

 

最近で言えば、Google検索品質評価ガイドラインがいい例です。

 

また企業理念である Don’t be evil も Do the right thing に変更されたりもしました

 

そのようなGoogleの変更から私たちはGoogleの意図を汲み取ることができます。

 

「ドキュメント化していなければ常にルールを変更していく」というポリシーをとることによってGoogleはその時々に合わせてユーザーに最適なルールを採用することができるでしょう。

 

逆に考えれば、ドキュメント化してある項目については信じてもよい情報であるということです。

 

信じられる情報が少ないSEOだからこそ信じることのできる(ドキュメント化されている)情報はきちんと頭に入れておくべきでしょう。

 

例えば、SEOの基本ですが、ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)は必読です。

 

正しい情報をつかんでサイトを最適化していきましょう。