大量のモバイルファーストインデックス通知が送られ始めた

大量のモバイルファーストインデックス通知が送られ始めた

モバイルファーストインデックスの通知祭り

 

Googleからモバイルファーストインデックス(MFI)への移行通知が届いたという報告が大量に送られ始めているようです。

 

モバイルファーストインデックスの通知はバッチ処理で送られているそうですが、今回のものは報告件数からしても過去最大の処理だったでしょう。

 

Twitter上では大量の通知を受け取った人のスクリーンショット等が共有されていましたが、数十件を超える通知がきている方もいたようです。

 

この通知は基本的にはGoogleサーチコンソールにメッセージが届きます。

 

気になる方は運営しているサイトのサーチコンソールを見てみてください。

 

モバイルファーストへの強制移行?

 

PC以上にモバイルが利用され始めている時代の中で、Googleとしても評価の基準をずっとモバイルファーストにしたかったはずです。

 

しかし世の中には私たちのようにSEOを考え、サーチコンソールを毎日のように見る人ばかりではありません。

 

むしろ大半の人がサーチコンソールに登録すらしていないのが現状です。

 

Googleがモバイルファーストインデックスへの移行をユーザーに通知することができるのはサーチコンソール上だけであり、これまでどのようにしてユーザーにその情報を届けることができるか頭を悩ませてきました。

 

しかし今回の大量通知を見る限り、Googleはすべてのユーザーに知らせるのを待たずに強制的にモバイルファーストインデックスへの移行をしていくように思えます。

 

そもそもモバイルファーストインデックスとは?

 

Googleは以下のように解説しています。

 

「クロールやインデックス、ランキングシステムはこれまでデスクトップ版のページコンテンツが使用されていました。しかしその状況ではデスクトップ版とモバイル版に大きな違いがあるサイトを使うユーザーにとって好ましくない問題を引き起こしかねません。モバイルファーストインデックスはインデックスやランキングにモバイル版のコンテンツを使用するようにするものです。」

 

簡単に言えば、モバイル版のコンテンツを元にSEOが決まるようになっていくということです。

 

モバイルファーストインデックスは順位にどのように影響するのか?

 

Googleは順位変動を起こすことを望んではいません。

 

しかしながら、サイトのコンテンツがデスクトップ版とモバイル版であまりにも差がある場合には彼らも順位を修正せざるを得ません。

 

もしサイトがレスポンシブデザインやダイナミックサービングで作成されている場合には特に問題ありません。

 

しかしセパレートURL(デスクトップ版とモバイル版が違うURLで作成されるもの)の場合には順位に影響を与えるでしょう。

 

もしセパレートURLを利用している場合にはこのタイミングで修正するべきです。

 

参考記事:

Google floods webmasters with ‘mobile-first indexing enabled’ notifications