内部リンクの変更はSEO的に良いことなのか?

内部リンクの変更はSEO的に良いことなのか?

アンカーテキストとランキングの関係

 

Googleによれば、内部リンクの変更はSEOランキングに非常に大きな影響を与えうるそうで、良い方向にも悪い方向にも働くみたいです。

 

ウェブマスターハングアウトにおいて、Googleのジョン・ミュラーは内部リンクをアップデートする際の最良の方法について説明をしました。

 

アンカーテキストの変更はランキングに影響を与えるのか?

 

サイト運営者の一人が、アンカーテキストを変更することがサイトにとってネガティブな影響を被るのかどうかを尋ねました。

 

“Does changing the text of older internal links to help users understand them have any downside? Can it hurt the rankings?”

 

(訳)

ユーザーの理解を助けるために古い内部リンクのテキストを変更することに何かよくない点はあるのでしょうか?ランキングを落としたりしてしまいますでしょうか?

 

その質問に対するジョン・ミュラーの回答は曖昧なものでした。

 

 “No. That sounds perfect. If you’re updating anchor text internally to make it more easily understandable by users then usually that also helps search engines to better understand the context of those pages. So I would definitely go for that.

…if you’re just changing the text like the writing and you’re changing the anchor from one text name to something else, that’s perfectly fine. “

 

(訳)

いいえ。あなたの考えは正しいです。ユーザーにとってより理解しやすいアンカーテキストにするのであれば、たいていの場合、検索エンジンにとってもよりそのページの文脈を理解しやすいものになるはずです。だから私なら確実に変更するでしょう。

…ただアンカーテキストの文言を変更するだけであれば何も問題はありません。

 

ジョン・ミュラーのアドバイスは現代のSEOがどのように考えられているかをよく反映しています。

 

つまりユーザーにとって使いやすいか、もしくは使いにくいかといったユーザー視点のSEOです。

 

だからこそ、アンカーテキストがユーザーがクリックする先にどんなコンテンツがあるのかを理解しやすいものになっているのであれば、Googleにとってもリンク先のページがどんなものであるのかを理解しやすいのでしょう。

 

アンカーテキストをアップデートすることはSEOに好影響か?

 

ジョン・ミュラーはアンカーテキストをアップデートすることがサイトのランキングを上げるとは述べていません。

 

彼はただ、アンカーテキストのアップデートが、「検索エンジンがページのコンテンツをよりよく理解するのに役立つ」と述べただけです。

 

かつては、アンカーテキストがランクシグナルだと考えられていた時期もありました。

 

これはH1タグに関する考えと似ています。

 

H1タグはずっとランクシグナルだと考えられており、もっとも重要視しているキーワードをH1に入れるべきで、1ページに1つのH1タグだと常識的に考えられていました。

 

しかし、2017年にジョン・ミュラーが「H1タグを好きなだけ使っても良い」とツイートしたことでSEO界隈はざわつきました。

 

伝統的なSEOでランクシグナルと考えられていたヘディング要素も今では検索エンジンがコンテンツをよりよく理解するためのみに使われているようです。

 

アンカーテキストもこれと同じで、かつてはランクシグナルと考えられていましたが、現在ではGoogleがページのコンテンツをよりよく理解するためのみに使われていると考えるべきです。

 

画像リンクは避けるべき

ジョン・ミュラーが他に提供してくれたインサイトとしては 、ページ間のリンクに画像を使うことはできるだけ避けるべきであるということです。

 

画像リンクを避けるべき主な理由は、リンク先のページがリンク元のページと関連しているのかどうかをGoogleが判断することができないからだといいます。

 

しかしこれは「ユーザーにとっては良いことだが、Googleにとってはよくない」といういつものパラダイムのような気もしてしまい、「ユーザーにとってベストな選択がSEO的にもベストである」という考えを完全に信じるのは違うのだと証明しているでしょう。

 

※以下のリンクからここで話題になっている「内部リンクの変更がランキングを落とすのか?」といった内容のウェブマスターハングアウトを見ることができます。

 

Changing Internal Links Hurt Rankings?

 

参考記事

Google Clarifies Internal Anchor Text and Ranking Effects