Googleがデスクトップ版検索結果画面のUI変更をテスト中

Googleがデスクトップ版検索結果画面のUI変更をテスト中

Googleがデスクトップ版検索結果画面のUI変更をテスト中

 

Googleが新たにデスクトップ版の検索結果画面のUI変更のテストをしていたことがわかりました。

 

今回テストしていたのは、検索ボックスを固定ヘッダーにするというものです。

 

このテスト情報は、Redditのユーザーがいくつかのスクリーンショットとともに投稿したことで判明しました。

 

Googleデスクトップの新たな検索結果画面

 

Googleの新たな検索結果画面の固定ヘッダー

 

私の方でも何度か様々なクエリで検索をしてみましたが、この検索結果画面を表示させることができませんでした。

 

Redditのスレッドを見る限りも、それほど多く出現する検索結果画面ではないようです。

 

中にはこの検索結果画面はChromebookでブラウザをChromeにする条件の元でのみ出現するのだといった説もあります。

 

Googleがテスト中のデスクトップ版検索結果画面の特徴

 


 

固定ヘッダー

検索ボックスのみ固定ヘッダーとしてユーザーのスクロールについてくるようになります。

 

これによってユーザーは、検索結果画面を眺めている途中で新たな検索をしたくなった際にわざわざスクロールアップしてページトップに戻ることなく検索を行うことができるようになります。

 

丸型検索ボックス

四角かった検索ボックスの角が丸くなります。

 

Googleは最近様々なボックスの角を丸くしていますので、これは一つのGoogle流UIの流れでしょう。

 

小さなGoogleロゴ

Googleのロゴが小さくなります。

 

これは固定ヘッダーの検索ボックスの大きさにフィットするからというただそれだけの理由からでしょう。

 

まとめ

Googleは常にテストをし続けています。

 

よってこのGoogleデスクトップ画面のUI変更も決してフィックスはしていません。

 

しかしよくよく考えてみると、スマホファーストを唱えるGoogleがまだデスクトップ版の検索結果画面の改善を行っているというのは面白い事実です。

 

参考記事

Google Tests New Design for Desktop Search Results