Google「HTTPSへの移行は301リダイレクトでやらなければいけない!」

Google「HTTPSへの移行は301リダイレクトでやらなければいけない!」

HTTPSへの移行は301リダイレクトで行う

 

HTTPからHTTPSへ移行する際には、他の移行(URLのリダイレクト)の場合とは異なるプロセスをGoogleが利用していることは有名でしょう。

 

HTTPSへの移行が他と違うプロセスをたどるのは、サイトのセキュリティ対策(HTTPS化)をGoogle自らが強く推し進めており、移行したことでサイト運営者にマイナスの影響が出ないようにするためです。

 

ネガティブな影響を与えないためにも、GoogleはサイトがHTTPSに移行する際には302や303ではなく、301で2つのURL間のリダイレクトを行うように強く勧めています。

 

もし301でのリダイレクトを設定していない場合には、移行に時間がかかってしまうそうです。

 

301リダイレクトでないと移行に時間がかかる

 

Googleのジョン・ミュラーは昨日のハングアウトでHTTPSヘの移行について語りました。

 

「私たちはHTTPSへの移行に関しては、301リダイレクトを強くお勧めします」と述べ、その重要性を説いています。

 

もし301で行わなかった場合には、その移行が単なるHTTPからHTTPSへの移行(サイト全体の移行)なのかどうかを丁寧に見なければいけなくなるため、どうしても移行が遅れてしまうのだと述べました。

 

(23分後半くらいから301リダイレクトについて語っています)

 

以下に簡単なスクリプトを載せておきます。

 

Q. 私たちはHTTPからHTTPSにサイトを移行する際に303ステータスコードも使うことができますか?それとも301のみを利用すべきですか?

 

A. 私たちは301リダイレクトを強くお勧めします。

 

他のタイプのリダイレクトを行うこともできますが、私たちが注意深く確認しているのは301リダイレクトのみです。

 

そして私たちがHTTPからHTTPSへの移行だと明確に認識すれば、全ての古いURLは新しいものへと移行し、サイトから何も抜け漏れることなく、またnoindexになったりすることもありません。

 

301リダイレクトは私たちに、この移行がHTTPからHTTPSへのサイト全体の移行であるのだということを教えてくれます。

 

GoogleはこのHTTPSへの移行は301リダイレクトでやるべきだと最初から言い続けてきました。

 

サイト全体を移行し、全く同じサイト構造を引き継ぐために301でリダイレクトを行うことは非常に重要なのです。

 

もしHTTPSへの移行でミスを犯していればGoogleがサーチコンソル上であなたに教えてくれるはずですので確認してみてください。

 


参考記事

Google: We Strongly Recommend 301 Redirects For HTTPS Migrations